Q&A

疑問やご質問はこちら

Q1 家族が危篤と言われました。何をしたらいいでしょうか?
「としまフューネス」では、365日24時間フリーダイヤル0120-23-5558で承っております。もしもの際は、このフリーダイヤルにお電話いただければ「としまフューネス」の担当スタッフが状況に応じた的確なアドバイスでサポートいたします。
Q2 もしもの時は、病院指定の葬儀社にお願いすべきでしょうか?
病院にお世話になったからといって、病院指定の葬儀社に依頼するのが最善の方法とは限りません。「としまフューネス」では、お亡くなりになられた方のお迎えからご葬儀まで、すべての手続きを万全の体制でお手伝いいたします。「としまフューネス」のスタッフが到着するまで病院でお待ちください。
Q3 マンションなので、葬儀まで安置する施設を手配してもらえますか?
はい、お近くの施設を手配いたします。現在はマンションにお住まいの方も多いため、ご自宅でのご安置が難しのが現状です。ご葬儀までに数日かかる場合は、斎場の安置施設、または当社のご安置室をご利用なさる方も増えています。式場等の手配も「としまフューネス」が行いますので、安心してお申し付けください。
Q4 私たちがする葬儀の準備には何がありますか?
最初に、ご家族でどのようなご葬儀にするのか方針を決めることは大事です。葬儀担当者が付いて手配や準備を行いますので、以下のポイントをご参考にご葬儀のご準備をしてください。
◆故人が生前希望していたご葬儀の方法を確認する。
◆宗教・宗派を確認する。
◆ご葬儀を知らせる範囲を決める(人数・規模等)。
◆お手伝いを地域の人や職場の人等に頼むかどうかを決める。
Q5 自宅から準備していきものはありますか?
祭壇に飾るご遺影が必要となりますので、故人のお写真を準備しておいてください。できるだけはっきりと大きく写っているもの、表情のよいものを選んでおくとよいでしょう。また、死亡届手続き代行をする際に、印鑑(認印で構いません)が必要となります。
Q6 葬儀の日程・場所はどのようになりますか?
宗教者の都合や火葬場、式場の空き状況などを確認した上で決定いたします。 一般的には、お亡くなりになられた当日の夜にお身内中心の仮通夜、翌日にお身内以外のご弔問も受けるお通夜を行い、翌々日にご葬儀・告別式を執り行います。斎場や火葬場、お寺様の都合もありますので状況に応じて最終的に日程を決めることになります。
Q7 お願いした場合、お葬式費用はいくらぐらいかかりますか?
「葬儀一式費用」の全国平均は237万円です。一方「としまフューネス」のご葬儀プランは皆様のご希望予算内で価格帯をご提案させていただきます。また、地域限定プランや火葬儀のみも承っております、*上記プラン料金のほかに斎場使用料・宗教者へのお布施・お料理・返礼品が別途必要となります。
Q8 お寺様との付き合いがないのですが、紹介いただけますか?
お寺様(宗教者)のご紹介もいたします。ご依頼の際は、お自宅の位牌や仏壇、お墓等を参考に宗派を確認しておかれることをおすすめします。ご不明の場合は、ご親戚の方に聞いてみるのも方法のひとつです。
Q9 お布施はどのくらい支払えばいいのでしょうか?
ご葬儀の際に、ご家族が宗教者にお渡しすのお礼が一般的に「お布施」と言われております。葬儀社が一概に“いくら”ときめられるものではございません。日本消費者協会の調査によると全国平均は51万円。この中には、ご葬儀に関する読経・戒名などを含めたご導師へのお礼が含まれています。ただし、地域差や個人差もありますので、あくまでも目安としてお考えください。
Q10 家族・親族以外に葬儀に参列する人の数が見当たりません。
どこまでの範囲で、ご葬儀のことをお知らせするかによります。故人の関係、ご家族の関係、ご親戚の関係、老人会や趣味の会等のご友人の関係でおおよその人数を考えます。年賀状などを参考にするのもよいでしょう。
Q11 「家族葬」とはどのようなものなのでしょうか?
「家族葬」とは、ご家族中心のご葬儀という事に理念を置いており、葬儀社主体ではなく、ご家族が中心となり安心して最期の大切な時間をお過ごしいただける様に考えられた「ご葬儀」です。大切なお別れの時間に煩わしさを感じさせないよう、私共スタッフが精一杯のお手伝いをさせていただきます。
Q12 「家族葬」って家族以外の人は呼べないのでしょうか?
家族葬を行うお客様は「ご家族」のみでお別れをされる方から「ご家族を中心に近しい方々」とのお別れをされる方まで規模は様々です。「としまフューネス」のプランは、人数に応じたプラン選びが出来るようになっておりますので、ご希望の規模に応じてご対応させていただきます。

ページの先頭へ